マネックスFXの「7つ」の魅力についてご紹介

FXの魅力について - マネックスFXの7つの魅力

マネックスFXの7つの魅力

マネックスFXが目指しているのは、お客様に本当に安心してご利用して頂けるFXサービスの提供です。
一つ一つがお客様の安心に繋がる、マネックスFXの「7つ」の魅力についてご紹介したいと思います。
魅力その1。
取引のスタイルに合わせて選べることができる2つの口座です。
1,000通貨から始めることのできる「スタンダード口座」と、低いスプレッドで取引可能な「プレミアム口座」と、お客様の取引のスタイルに合わせた2つの口座が用意されています。
魅力その2。
選べる4つの取引ツールがあります。
シンプルで使い勝手重視のツールから、プロ仕様の高機能なアプリまで、自由に選択することが可能です。
魅力その3。
スプレッドが安定しています。
スプレッドがいくら狭くても、約定しなければ何の意味も持ちません。
マネックスFXでは安定したスプレッドを提供しています。
魅力その4.
ポートフォリオ画面は役立つ情報がとても満載です。
ブラウザツールで使用できるポートフォリオ画面では、通貨ペアごとの変動率や、役立つ情報が満載な情報パネルを搭載されています。
魅力その5。
きめ細やかな情報サービスがあります。
魅力その6。
安定しているシステム環境です。
魅力その7。
信託保全のため100%安心することができます。
また、オススメのコンテンツとして「タイプ別ケーススタディ」や「FXトレードナビ」があります。
取引の目的、スタイルごと、特徴やアドバイスを案内しています。
トレードが上達するために、知識を段階的に学習することのできるカリキュラムが用意されています。
FX取引を検討されていらっしゃつ方々には、安心のサポートと扱いやすい取引環境で、お客様のお取引をバックアップしています。
実際の取引を開始する前に、デモ取引(デモ口座開設無料)にてじっくりと取引の練習を行うことができます。
FX取引を開始してみようという方には利用しやすい環境がいたるところで提供されています。
FX取引によって得た利益には税金がかかります。はじめてFXをやられる方はマネックスのFX講座をみて勉強することです。
http://mituwasou.com/fx-tax/fx-2013-hukkouzei.html
うっかりして払い忘れのないよう、あらかじめ身に付けておいた方がよい知識です。
FXにかかる税金はいくらなんでしょうか?個人の場合、マネックスFXにて得た益金は、雑所得として総合課税の対象でしたが(2011年12月31日まで)、雑所得として申告分離課税の対象となり(2012年1月1日の取引以降)、所得額に関わらず、税率は所得税15%、住民税5%の一律20%です。
税額の確定には申告することが必要です。
詳細につきましては、所轄の税務署にご確認下さい。
例)FX取引で給与所得が年間200万円の利益を出した場合(他に先物取引の利益がない場合)。
FXの収益に対してのみ申告分離課税一律20%が適用され、FX取引で得た利益が200万円だとすると、税額は40万円です。
確定申告する際に提出する、取引証明書類は期間損益報告書を利用することができます。
1日1日〜12月31日までの取引利益がいくらなのか、期間損益報告書で確認するようにしましょう。
期間損益報告書は、取引画面内にある口座管理・設定から確認することができます。
郵送を希望の方は、コールセンターまでお電話、またはメールにて連絡して下さい。
雑所得では必要経費が認められます。
FX取引で得た利益に必要経費が認められることがあり、例えば、FX取引の勉強のために購入した書籍代であったり、FX取引の為に購入したパソコン代などの費用が必要経費として認められる可能性があります。
詳細はお近くの税務署にお問い合わせ下さい。
FX取引に関連する出費がありましたら、一応領収証を捨てずに持っておいた方が良いでしょう。
最長3年間損失額の繰越控除が可能です。
繰越控除とは、その年に控除しきれなかった損失を、翌年以降に持つ越すことが可能というものです。
その年に得た利益と取引所に上場する先物取引、オプション取引との損益を通産して、その年に受けられる控除額を差し引いたとしても損失が出る場合、確定申告することによって、その損失額を翌年〜3年間繰り越して控除することができます。

更新情報

2014/10/15
マネックスFXの7つの魅力の情報を更新しました。
2014/09/30
企業情報の情報を更新しました。
2014/09/30
FX取引を活用した外国為替ヘッジの情報を更新しました。
2014/09/30
マネックスFXのクイック入金の情報を更新しました。
2014/09/30
FXで大切な6つのポイントの情報を更新しました。
ページ上に戻る